安心と安全

安全と品質への取り組み

大善食品では、自然が持つ食べ物の美味しさを損なうことなく、皆様にお届けできるよう心がけています。
ご利用いただいた全ての方に満足いただけるよう、従業員一同日々努力をしております。

皆様に安心安全な商品をお届けするため日本冷凍食品協会で定められた基準に基づき原料の受入れから出荷までを行っております。

原材料の管理

原料受け入れは、トラックと入出荷口との隙間が少ないドックシェルターを通じて行います。
トラック内から原料保管倉庫への運搬中の異物混入を防ぐとともに、倉庫内の温度を一定に保ちます。
仕入れた原材料は日別にて倉庫内で管理します。
弊社ではトレースができる原料のみを使用し、仕入先業者にも管理基準を設けております。
管理基準を満たした仕入先からのみ、原料を受入れております。

異物の除去、混入防止

毛髪などの混入を防ぐために、工場入室の際にはエアシャワーを通過しマニュアルに従い、粘着テープでのブラッシングを徹底しています。
品質管理官が工場内を巡回し、異物混入の危険性や衛生上の問題点がないかを日々点検しております。
各工程時の目視検品はもちろんですが、金属探知機を通し、さらには検品専門の作業員を配置することで異物混入対策を徹底しております。

工程チェック・商品検査

高品質を維持するためには、製造工程の標準化が欠かせません。
各工程はマニュアル化されるだけではなく、指導員がラインを巡回し必要に応じて手順の指示や確認を行います。
指導員を通じて、品質管理のノウハウは製造ラインの全メンバーで共有されます。
品質管理官は管理基準に基づき、温度・官能検査、水質検査等を行います。

製造した商品については全アイテム毎に検査用サンプルをランダムに抜き取り、衛生検査を実施しています。
細菌数のチェックはもちろんですが、それに付随するラインの見直しや手洗いなど基本的なチェック項目についても 日々厳しく管理を行っております。

原料原産地の掲載について

安全・安心の取り組みのひとつとして、商品に使用している主な原料の産地をお知らせしています。

1.表示に関する基準

a.商品名に原料名が入っている原料
b.原料の50%以上を占める原料
c.肉・魚介・野菜の生鮮原料
d.キャッチコピー等でパッケージに記載している原料
e.お客様よりお問い合わせが多いなど、当社が必要と認めた原料
*但し、以上の中でも味付け目的の原料は表示しておりません。

2.複数原産地原料について

生鮮品については、収穫できる季節の違いや天候などにより、品質や供給量の変動が大きいために複数の産地からの安定購入を実施しています。
当社では購入実績の多い順に掲載をしております。
実際の商品については使用した原料の産地が偏る場合があります。

3.表示時期

2015年12月時点での情報となります。

4.変更の可能性

商品の改定により、商品パッケージの記載内容と異なる場合があります。お召し上がりの際には、必ずお持ちの商品の表示をご確認ください。

許可・PL保険

営業許可証 冷凍食品協会認定工場
そうざい製造業
食品の冷凍又は冷蔵業
PL保険 東京海上日動火災保険株式会社